諦められない理由/思い描く世界

代表

思夢師 ろまん

​上之原 賢二

楽しい思考と夢を伝授する「思夢師(たのしむし)」と謳っていますが、実は私はそういうこととは無縁な人間でした。

「楽」という点では楽することばかり考えていたのでかなり関わっていたのですが・・・

 

楽=楽しい人生ではない

 

そう思い私は9年前に事業を始めました。

でもその事業がうまくいかず落ち込んでいるときにあることに気付きました。

「あれ?相談する人もいなければ、真剣に心配してくれる人もいない。そもそも自分から腹を割って話に行くこともできない」ということに。

 

そう、振り返れば私はずっと独りでした。

 

今から思うと「独りだと思い込んでいた」「自分から腹を割って話さない=自分から独りになっていた」ということですが、当時は「独り」だと思い本当にヘコみました。

「腹を割って話すなんて簡単に出来ないし、話したところでどうなるの?相手はなにかしてくれるの?」と、全く自分のことも人のことも信じることをしていなかった。経営者になってからは特に・・・

もちろん、もともとは明るい性格なので自慢できるほどではないですが友達はいました。

でも「信頼できる仲間」とは思っていなかったのだと思います。

 

私は、経営を良くするためにセミナーやビジネス学校、夢を創る会、交流会等に足を運ぶようになりました。

そこで私が学んだものは、経営学ももちろんですが、「業種も会社も違うのに共に学び、挑戦し、絆を創る仲間の大切さ」でした。

今自分と同じことで悩んでる人、それを乗り越えた人、これからその壁にぶつかるだろう人などが交流し、みんなの「挑戦」を共有することで刺激となり「絆」が生まれる。

気付けばバカみたいに仲良くなってます!

 

人の成長には「深い浅い」も含めて「友」が必要です。

「友」が多ければ多いほど「感性」も「知性」も「理性」も豊かになり、世界が広がります。

今ある思考は今までにどんな経験をしてそのときになにを考えて、そしてどんな人に出会ってきたかで大きく変わります。

「うまくいっていない人」を見続けたら「うまくいかないようになる」のではなく「やらない」「挑戦しない」ようになります。実際私もそうでした。

だから勇気を出して一歩を踏み出したら世界が変わりました。

私は「友」に救われました!

 

そんなこと言われなくてもわかってるよ・・・

 

そう思った貴方を救いたい!

私はビジネスを伝えるつもりなどありません!

「友を創る場を提供して友を創る大切さ」を伝えたい!

私みたいに「友」がいなくて「元気」を失ってしまった人を救いたい!

以前の私はこう思っていました・・・

・友達がほしい

・友達ってどこで創ったらいいの?

・交流会って心のハードルも高いし金額も高い

・スポーツしたいけどスポーツする友達がいない

・最近心の底から笑ってないなぁ

・一人でダイエット(筋トレ)って続けるの難しい

・飲みたい気分のときに2~3人断られたらもう誘う人がいない

・明日会社行くの嫌やなぁ

・元気ってなに?元気なかったらあかんの?

・すごい孤独感がある

 

こういう方がいらっしゃれば私は激しく共感します!

 

私みたいな方を私のやり方で元気にしてあげたい。

誰もが気軽に楽しく「友」を創れる場とは・・・?

それを創る私が一番心の底から笑える手段とは・・・?

 

それがフットサル(サッカー・スポーツ)だったのです!

 

私は子供の頃からずっとサッカーに支えられて生きてきました。

サッカーをやっているときが本当に幸せです。

ですが、体力がなくなりチームは解散して、数年サッカーやスポーツから離れてしまいました。

私の頭のなかから「サッカー」が消えてしまってるときに、あるワークで「心の底からサッカーが大好きだ」ということに気付きました。

 

私は大好きなサッカーで自分と同じように寂しい思いをしてる人を元気にしたい!

誰もが気軽に来て楽しめるフットサルで友達が出来る場を創ろう!

 

この想いから「Lazofiante桃山」を立ち上げました。

 

さらにもうひとつの理由があります。

それは「親と一緒にスポーツがしたい」と思っている子供の願いを叶えてあげたいということです。

これは私自身が子供の頃に思っていたことでもあります。

しかし私は親とスポーツをした記憶がありません。

いつも同じ階に住む幼なじみのお父さんにキャッチボールをしてもらっていたことは覚えています。

私は親ともキャッチボールがしたかったし、サッカーもしたかった。

そして今現在、サッカーの世界に戻ってそんな子供がたくさんいることを知りました。

私は、親子でスポーツができる場を提供し、親子でスポーツを楽しむ、そんな家族でいっぱいにしたいという想いもLazofiante桃山を立ち上げた理由のひとつです。

 

必ずこのLazofiante桃山で私の思い描く世界を創ります!

 

私がこのLazofiante桃山で創る世界

・京都の全ての大人が元気になる

・会社で嫌なことがあってもスポーツ観戦や実際にプレーすることでまた明日から元気に出社する京都

・挑戦する大人でいっぱいになる京都

・共に目指し共に戦い共に感謝する大人たちでいっぱいになる京都

・京都の休日は公園でスポーツを楽しむ親子でいっぱいなる

 

Lazofiante桃山 理念

・スポーツを通じて世界一楽しくコミュニティが出来る場を提供し、孤独のない世界を創り、

 京都を元気にします

 

これが私の叶えたい「夢」です。

そして夢に向かう姿を見せていつの日か娘にこう言われたいです。

 

「パパが世の中で一番楽しそう」と。

トップへ
トップへ
トップへ
派遣,バイト,正社員,介護,ドライバー,軽作業
物流,ドライバー,軽作業,倉庫

Lazofiante桃山 事務局

〒604-8112

京都市中京区柳馬場通三条下る槌屋町93番地1

​六角アーバンリズ302号(株式会社アンビシャス内)

Email:lazofiante2015@yahoo.co.jp

活動地域:京都市内

活動内容:スポーツを通じたコミュニティ創りの場を

     提供し、京都を元気にする